宇宙カレンダー

季節  2021-02-02 (火)
節分

<節分>

本来、節分というのは立春・立夏・立冬の前日のことで、四季の分かれ目を意味しています。

立春を新年と考えれば、節分は大晦日に相当するわけで、節分には前年の邪気を祓う追儺(ついな)の行事が行われます。

その代表が「豆まき」です。

 

2021年の節分が2月2日になる理由

節分は、その名の通り、季節の分かれ目。

立春の日の前日となるので、そこがずれると節分もずれるわけです。

では、なぜ立春の日がずれるかというと、ざっくり言うと閏年(うるうどし)と同じ感覚。

1年間を二十四節気に当てはめて定期的な運用をしようとすると、1年に少しずつ誤差が出てきて、ずれが生じるわけです。

その調整と言いますか、ずれた結果、2021年は2月3日が春分にあたるわけですね。

ちなみに立春の日が2月3日=節分が2月2日になるのは、明治30年(1897)2月2日以来124年ぶりとのこと。

うーん。

100年単位で常識だと思っていたものがあっさりズレることって、あるんですねー。

 

setubun.jpg

節分行事を大晦日や小正月の前夜に行う地域もありますし、逆に節分を節変わり・年取り・年越しと呼ぶところもあります。

一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆(煎り大豆)をまき、まかれた豆を年齢の数だけ(もしくは一つ多く)食べ厄除けを願います。

豆には生命力と魔除けの力が備わっていると考えられていました。

語呂合わせで、「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いもあるそうです。