五センス
issence

健康と美しさはあなたの五感から

宇宙カレンダー

季節 2020-09-19 (土)

お彼岸入り

そもそもお彼岸とは??
春分と秋分をなか日とし、それぞれ前後3日間、合わせた計7日間の期間を「彼岸」と呼びます。
その初日を「入り」といい、一番最後の日を「明け」と言います。

「寒さ暑さも彼岸まで」とよく言われますが、ちょうど季節の節目になります。
仏教ではご先祖様たちのいる世界を「彼岸」と言い、私たちこちらの世界を「此岸」と呼ぶとされているという話があります。
春分の日と秋分の日は、その彼岸と此岸が通じやすい日と言われ、この時期にお墓参りに行くことが風習とされて来たといいます。 

 

 

2020年9月19日(土)お彼岸の入り

9月22日(火・祝)秋分の日

9月25日(金)お彼岸明け
(計7日間)

 

毎日日々に、時間に追われて、お墓参りなんて難しい!無理!という状況も当然あります。
遠方ならば尚更です。
ですが、ご実家に電話の一本でも、というきっかけになれたら嬉しいな~と思います。

ご先祖様もきっと喜ぶことと思います。

 

 

 

 

 

 

Today

秋分(しゅうぶん)

9月22日〜10月7日

秋分(しゅうぶん)とは、春分と同じように、太陽が真東から昇り真西に沈む、昼と夜の長さが同じになる日のこと。

秋分の日を中心とした一週間が秋のお彼岸です。

これからしだいに秋が深まっていきます。

 

<旬のもの>

野菜…松茸まつたけ

香りや味わいがよく、高価であることから「茸の王様」のような存在である松茸。

松茸ごはんにするときは、加熱しすぎると香りが飛んでしまうため、炊き上がる直前に入れます。

 

果物…花梨かりん

花梨はさまざまな効果があるとされ、乾燥させたものを煎じて飲めば咳止めや利尿効果があります。

そのため、かりん味ののど飴なども多く発売されています。

 

さかな…鯖さば

新鮮な鯖は身が硬く、青光りしています。とくに、脂ののった鯖は血液をサラサラにしてくれます。

塩焼き、みそ煮、しめ鯖、刺身など味わい方は豊富です。

 

花…金木犀きんもくせい

甘い香りを漂わせる金木犀。

金色の花を咲かすことから「キンモクセイ」と言う名前がつきましたが、白色の花をさかす「ギンモクセイ」とよばれる類似の花もあります。

 

<行事>

おはぎ

秋分の日にはおはぎがお供えされます。

春分の日にはぼた餅がお供えされますがこの二つは同じものです。

春は牡丹が咲くので「牡丹餅」、秋には萩が咲くため「御萩」と呼ばれています。